THE YELLOW MONKEYが紅白でプレイすると知って思った事件。

THE YELLOW MONKEYの紅白列席が決定しました。ネットで報じられました。あたしは意外な気持ちがしました。紅白を否定しているのではなく、たぶん「出ない」という気がしていたのです。但しこういうことがあるのです。生徒の長女が嬉しそうに「聴いて」と言ってTHE YELLOW MONKEYの「日光が燃えて掛かる」を好きな曲だと言って聴かせたのです。あたしには単なるドッキリでした。長女はバンプ・オブ・チキンしか聴かない子だったからだ。「日光が燃えてある」はずいぶん昔に大ヒットした名曲だ。一年齢以上前の名曲を20価格当初のお嬢さんが大好きと言います。またドラムびいきの人脈の少年は「こういう受け取りが一番びいき」と言っていました。あたしが想う以上にポピュラーなバンドです。こちらのヒトにTHE YELLOW MONKEYはロックの王道を歩む孤高のバンドだから、若い人には良さを感じ取れないだろうと言い張る怒りがあったのかも知れません。その意味では私のほうがこういうバンドのポップなコンポーネントに気付けなかったのかも知れません。またこういう年齢のロックから何かを感じ取れないだろう若い人には、という勘違いをしていたのかも知れません。奴らのミュージックは想う以上に年齢を超えて聴かれているのでしょう。まゆげが薄い人向けの美容液はこちら

THE YELLOW MONKEYが紅白でプレイすると知って思った事件。